SAS | The Power to Know
Blue radiance
オープン・エコシステムにおいてSAS®を利用する利点
ホワイトペーパー

オープン・エコシステムにおいてSAS®を利用する利点

~多様なデータとアナリティクスを取りまとめ、組織全体で多大な価値創出の実現を推進する取り組みにおいて、統合アナリティクス・プラットフォームが果たす役割とは?

 

内容

ある企業内で、アナリティクスやデータ管理のためのパッケージが十数種類を超えることは珍しくありません。
その中には、オープンソース・テクノロジーや、商用ソフトウェア、エンタープライズ・ホスティング型アプリケーション、クラウド型ソリューションが含まれている可能性があります。
もちろん、こうした異種混在の環境にも利点はあります。
例えば、データ管理やアナリティクスの担当者が自分好みのプログラミング言語やツールを利用できれば、仕事の満足度や効率性は向上します。また、技術スキルが不足する状況が生じたとしても、スキルをめぐる柔軟性を確保できていれば、組織として必要な人材を見つけ出したり、既存の人材を最大限に活用したりする取り組みは円滑に進みます。

一方でIT /アナリティクス部門が、「これらのプロジェクトにおいて、信頼性の高いデータ、最良のモデル、厳格な分析プロセスが使用されており、それによって結果のコンプライアンス、有用性、反復性が保証されている状態」を確保するためには、どうすればよいのでしょうか?
こうした課題を解決するには、既存および最新のテクノロジーを統合することによって、コードやツールの種類に関係なく、アナリティクスの取り組みを結集させた上で、アナリティクス資産への共有アクセスを部門横断で実現できる環境が必要です。

本ホワイトペーパーでは、今日のオープンソースの活用状況を概観しながら、SASとオープンソース・テクロノジーを統合するメリットやオープン・エコシステムでSASが担う役割を明らかにし全社規模のアナリティクスにもたらす真のメリットを解説いたします。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top