SAS | The Power to Know
Blue radiance
SASのデータガバナンス・フレームワーク:成功への設計図
ホワイトペーパー

SAS®のデータガバナンス・フレームワーク:成功への設計図

 

 

 

内容

最初のコンピューターのスイッチを入れた時から今日に至るまで、IT部門をはじめ業務部門/事業部門の意思決定者たちは、このテクノロジーによって利用/生成されるデータの取り扱いについて模索し続けています。今ではもう、パンチカードを整理することはなく、磁気テープでのアーカイブ化も珍しくなりましたが、データに対するガバナンスは現在においても日常的に不可欠なことです。そこから生まれたのが、企業や組織でデータを収集、管理、アーカイブ化する方法に関する包括的なアプローチであるデータガバナンス・フレームワークに対するニーズです。

このホワイトペーパーでは、数百件にも及ぶデータガバナンスの導入事例で培われた実績をもとに、最先端のプログラムの構築基盤として高く評価されているSASのデータガバナンス・フレームワークの概要をご紹介します。このフレームワークでは、人員、プロセスにととまらず、データ管理に使用されるテクノロジーまで、データガバナンスで必要となるあらゆる要素が網羅されています。

何から手を付ければよいのか、どういう役割の人が必要なのか、なぜそうなのかを具体的に説明します。

目次

  • データガバナンスの枠組み
  • 組織としての推進要因
  • データガバナンス:組織としての取り組みの一元化
  • データ・スチュワードシップ
  • データ管理
  • 手法
  • ソリューション
  • まとめ

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top