SAS | The Power to Know
Blue radiance
予測でスマートグリッドの運用効果を高める方法
ホワイトペーパー

予測でスマートグリッドの運用効果を高める方法

内容 :

昨今はあらゆる業界の企業が、品質、価値、パーソナライズに関する顧客の期待に応える製品やサービスを提供するべくイノベーションに取り組んでおり、エネルギー関連事業や公益事業も例外ではありません。しかし、他の業界と異なり、公益事業会社は以下のような領域において環境と規制の両面で大きなプレッシャーを受けています。

  • 温室効果ガス排出量の抑制
  • 変動性の高いエネルギー商品市場におけるリスクの管理
  • グリッドの最適化による効率向上
  • 再生可能エネルギーによる分散型の発電・蓄電の拡大
  • 需要家エンゲージメントの強化につながるIT サービスの提供
  • 需要家、公益事業会社、地域社会に価値を還元する高度な検針インフラの導入

こうした課題を解消するためのテクノロジーを展開し、最終的に公益事業の在り方を根本から変革するためには、洞察力と予見力が必要です。公益事業では以前から予測が効果的に活用されてきましたが、上記のような新しい課題に取り組む際は、そうした予測の元になるデータセットとデータモデルに対し、より一層大きな関心を払う必要があります。

このホワイトペーパーでは、予測担当者の業務に影響を及ぼす新たな課題と、予測によってスマートグリッドのデータから最大限の価値を引き出す方法の可能性を検討します。

目次 :

公益事業における新たな課題
スマートグリッドへの移行
スマートグリッドをめぐる課題の解決に高度な予測を活用
新しい予測モデルの構築にはスマートグリッド・テクノロジーとの連携が不可欠
予測担当者にとっての新たな課題
負荷予測手法の更新・改良は予測業務における当然のプロセス
きめ細やかな予測の重要性が増大
今後の展望
関連情報

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top