SAS | The Power to Know
wp-em-ws1207
ホワイトペーパー

データマイニングで対象とすべき顧客層が見えてくる

内容

クレジットカードや会員用のポイントカード、またはアンケートなどにより、顧客データを集めること自体は、昔に比べて容易になってきました。性別や家族構成といった属性だけでなく、POSデータなどから購入履歴や、来店時期といったデータも容易に収集できます。むしろ今では、沢山集めたデータをどう活用するかということが問題になってきているように思われます。今回は、百貨店の顧客データを例に、SAS®ツリー分析(以下 ツリー)の話をしながら、データマイニングからどういった知見を得られるのか見ていきましょう。ツリー分析はデシジョンツリーや決定木分析とも呼ばれます。

なお、今回説明に使用するデータ項目などは、いくつかの実例を元に話をわかりやすくするために構成したもので、実際の調査内容そのままではありません。また、データ自体もそれに合わせ結果が出やすいように疑似的に作成したもので、実際のデータをそのまま使用しているのではないことをお断りしておきます。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top