SAS | The Power to Know
データをビジュアライゼーション(視覚化)する手法
ホワイトペーパー

データをビジュアライゼーション(視覚化)する手法

内容

1枚の絵は千の単語に匹敵します。データを理解して知見や洞察を得ようとする場合には特にそうです。何千または何百万という変数間に関係性を見つけ出したり、それらの相対的な重要性を判断したりしようとする場合には、この考え方がとりわけ大きな意味を持ちます。

あらゆる種類の組織が、毎日、毎時、毎分、膨大な量のデータを生み出しています。経営幹部、部門の意思決定者、コールセンター要員、生産ラインの従業員など、誰もが、より正しい意思決定、より賢明な行動、より効率のよい業務遂行に役立つはずの膨大なデータから何かを学び取りたいと考えています。

データが何十億件もある場合、重要な関係を見つけ出す最適な方法の1つは、先進的な分析手法とハイパフォーマンスなデータビジュアライゼーション(視覚化)手法を利用することです。高度な分析を素早く(できれば即座に)実行でき、パターンの特定はもちろん、クエリや探索も可能な形で結果を提示することができれば、あらゆるレベルの従業員がより迅速で効果的な意思決定を行えるようになります。

意味のあるビジュアルをデータから作成するにあたっては、考慮すべきヒントや手法がいくつかあります。例えばデータのサイズと列の構成は、データをどのグラフで表現するかの選択において重要な役割を果たします。本資料では、データのビジュアライゼーション(視覚化)に関するいくつかの基本的な課題を説明し、そうした課題に対処する際の実践的なヒントを示します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top