SAS | The Power to Know
wp-datascientist-ws1212
ホワイトペーパー

「人材募集中:データ・サイエンティスト」
トーマス・H・ダベンポート著

内容

「ビッグデータ」は、ビジネスと組織の変革を促す大きな可能性があることから、多くの経営幹部から注目を浴びています。

ビッグデータとは、量、非構造化の程度、または情報ソースの多様性が甚だしいため、従来の手段では管理および分析することができないデータを表すための概念です。これと関連した概念として「ハイパフォーマンス・アナリティクス」(HPA)があり、こちらは大規模な分析プロジェクトの処理を飛躍的に高速化する最新テクノロジーを活用することを指しています。

しかし、新しいテクノロジーを単に取り入れるだけでは、ビッグデータとHPAから真の成果を引き出すことはできません。すでにアナリティクスの活用については豊富な経験がある企業でも、この新たなリソースを使いこなすためには、新しい能力を培う必要があります。

そうした中でも最も重要なものの一つが、ビッグデータの管理と分析を日常的に担当する「データ・サイエンティスト」の能力です。

著者であるダベンポート氏は最近の調査で30名を超えるデータ・サイエンティストからヒアリングをおこないました。ここではその中から見えてきた、企業として知っておくことが望まれるデータ・サイエンティストに対する知見を紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top