SAS | The Power to Know
Blue radiance
wp-data-management-for-analytics-best-practice-1602
ホワイトペーパー

アナリティクス向けデータ管理、5つのベストプラクティス

内容

生きるためには清浄な水が欠かせないことを私たちは知っています。それなしでは、人間は3日ほどしか生き延びられません。では、水源が汚染されていたら、どうなるでしょうか?大規模なフィルター装置に水を通して十分に浄化しない限り、間違いなく何らかの被害が発生することでしょう。

同様に、ビジネスの成功には「汚染されていない」データが欠かせません。これは特に、アナリティクスが競争力を左右するような業種では死活問題となります。データ・サイエンティストの多くは、モデル開発にかかる時間の50~80%をデータの準備に費やしています。洞察を導く作業に使えるはずの時間が、それだけ犠牲になっているということです。

アナリティクス向けにデータを準備するデータ・サイエンティストやビジネス分析担当者にとって、データ管理テクノロジーは「データ浄化フィルター」として機能し、あらゆる分析目的に合わせてデータのアクセス/クレンジング/変換/構造化を行うための統一プラットフォームを提供する必要があります。これにより、データ準備の退屈な定型作業が不要になくなるだけでなく、極めてクリーンなデータが得られるようになり、その過程で追加の価値も手にすることができます。そして、そのことが生産性の向上、意思決定の的確化、俊敏性の強化へとつながります。

この考え方のもと、SASは高度なアナリティクスの活用と洞察の深化をサポートするためのデータ管理プロセスに関して、5つのベストプラクティスを提唱しています。
本書では、このベストプラクティスを詳しく説明します。ぜひご一読ください。

目次

  • アナリティクスにおいてデータ管理が極めて重要な理由
  • データ準備の基本
    1. 従来のデータと新しいデータの両方へのアクセスを簡素化する
    2. 高度なアナリティクス手法でデータ・サイエンティストの分析力を強化する
    3. データ浄化手法を用いて既存のプロセスに品質管理を組み込む
    4. 柔軟なデータ操作手法を用いてデータを整形する
    5. データ管理領域とアナリティクス領域を横断してメタデータを共有する
  • 信頼できるデータと実績あるアナリティクスの組み合わせが最良の結果を実現

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top