SAS | The Power to Know
ビッグデータ+アナリティクス+Hadoop ~ SASとHadoopの融合がもたらすビッグデータの価値
ホワイトペーパー

ビッグデータ+アナリティクス+Hadoop
~ SASとHadoopの融合がもたらすビッグデータの価値

内容

ビッグデータ処理基盤として、先進的な企業で採用の進む『Hadoop』。

SASは、Hadoopによる大量データの分散処理基盤に、データ探索機能と高度なアナリティクス機能をもたらします。インメモリ処理によって非常に高速化されるため、大量データもストレスなく快適に、探索し分析することが可能です。ビッグデータからの知見を、数時間や数日ではなく、数秒で得られることになります。

分析者の志向に合わせ、対話操作型のプログラミング環境、ドラッグ&ドロップのGUI環境のいずれにも対応し、快適なアナリティクス環境が実現します。

本ホワイトペーパーでは、ビッグデータ・アナリティクスの高速処理と快適な環境、そしてそれらがもたらす具体的なメリットを解説します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top