SAS | The Power to Know
Blue radiance
Hadoop活用のベストプラクティス:SASのお客様の体験にもとづく導入・運用管理ガイド
ホワイトペーパー

Hadoop活用のベストプラクティス:
SASのお客様の体験にもとづく
導入・運用管理ガイド

内容

Hadoopの利用が広まるにつれ、多くの組織が「Hadoopに関わるスキルギャップ」の真の意味を実感するようになってきました。
Hadoopの導入や運用管理を効果的に行うために必要なリソースやスキルを持ち合わせていない組織は少なくありません。
その一方で、市場はHadoopのメリットを明確に理解しており、今や組織にとっての奮闘の場は、初期計画から本稼動へと、いかに取り組みを進めるかといった戦術的なレベルに移っています。
本稿では、Hadoopを活用しているSASのお客様によって見出されたベストプラクティスを紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top