SAS | The Power to Know
Blue radiance
Using utility whitepaper thumbnail image
資料

電気事業様向け
SASのカタログ・ホワイトペーパーのご紹介
~SASは、電気事業におけるIoT活用、
デジタル化をアナリティクスで支援します~

内容

国内のエネルギー市場は、人口減に伴なう総需要の減少傾向の中で、エネルギーシステム改革に伴う発送電事業の法的分離や電気/ガスの小売全面自由化などにより、かつてない激動の時代を迎えています。また、第4次産業革命の道標となる新産業構造ビジョンにおいては、IoT, ビッグデータ, AI, ロボット といった最新技術や、それら技術の適用により生成されるデータを利活用していく方針が打ち出されています。  

アナリティクスのリーディング・カンパニーであるSASは、創業以来、様々な業界における日々の業務で生成されるビッグデータを高速に収集・加工し、機会学習を含むデータマイニングなどを活用した高度なデータ分析、 結果の共有・レポーティングの分野でお客様を支援してまいりました。エネルギー業界においては、現在、国内を含む世界約560社の企業において、以下の業務を含む幅広い領域でご活用いただいております。

  • 小売事業におけるCX(カスタマーエクスペリエンス)向上
  • 発電・送配電事業におけるセンサーデータや運転データ等を活用した設備の故障予兆検知
  • DER(分散エネルギー資源)の普及や取引市場の活性化でより複雑化する需要予測業務の高度化


本サイトからダウンロード頂ける資料

【カタログ】
SAS Analytics for IoT ~アナリティクスとIoTデータを融合して、コネクテッド・ワールドから新たな価値を引き出す~

IoT戦略は、すでに計画の段階から実行の段階へと踏み出す時期を迎えています。本カタログでは、コスト削減と生産性の向上、IoTがもたらす新たな市場機会の開拓、IoTデータを活用する上での複雑さの解消、など、アナリティクス専門ベンダーであるSASだからこそ実現可能なIoTデータ活用のためのSASソリューションの特徴をご紹介しています。

【カタログ】
SASとOSIsoft:IoT 向けビッグデータ・アナリティクス

設備やプロセスに関する複雑で膨大なデータを、最大限に活用して価値を引き出すためには、どのようにすればよいでしょうか?SASとOSIsoft社との協業により可能となった、IoT活用のためのビッグデータ・アナリティクスについて、事例と共にご紹介しています。

【ホワイトペーパー】
自律型グリッド:公益事業における機械学習とIoT の活用

公益事業業界の現状への理解を深めるために、SASと調査会社であるZpryme社が共同で、北米に拠点を置く200の公益事業会社を対象にオンライン・アンケートと電話インタビューを実施した結果から、IoTと機械学習に対するアプローチの実態をまとめました。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top