SAS | The Power to Know
wp-apenq-ws1105
ホワイトペーパー

SAS® Analytics Pro®を使えば、何かが分かる

内容

業務で収集したアンケート、お客様からのアンケート葉書、皆さんはどのように活用されていますか?せっかく集めたデータを活用しない手はありません。でもどうやって活用すればよいのでしょうか?そもそもデータの活用とはどういうことなのでしょうか?

確かに、集めたデータを活用するにはちょっとしたコツが必要です。データの活用というと、Microsoft Excel(以下Excel)を思い浮かべる方も多いと思いますが、Excelでデータを解析するのは実は意外と大変な作業です。関数の使用など、いろいろなテクニックが必要とされます。しかし、SAS® Analytics Pro®(以下、Analytics Pro)ならメニューをクリックするだけで、データ解析やグラフ作成を行うことができます。

既にExcelで入力されたアンケートデータがあるという場合も心配ありません。Analytics Proでは、Excelのデータを直接分析することも可能で、Excelのデータを開くと、自動的にSASデータにインポートできます。

Analytics Proを使えば、簡単な手順でデータを活用できるようになります。また、データを自分で活用するコツも身につけられるでしょう。今回はアンケート葉書を例に、Analytics Proによるデータの活用方法を説明していきたいと思います。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top