SAS | The Power to Know
Blue radiance
行政機関による、オープンデータとアナリティクス活用の仕組み
ホワイトペーパー

行政機関による、オープンデータとアナリティクス活用の仕組み

内容

近年、「オープン・ガバメント」(開かれた政府/行政)という考え方が、ワシントンDCから米国の各都市、各州、さらには世界中の国々まで、地球上のありとあらゆる場所に広がり、、市民が行政リーダーたちと対話する方法を根本的に変革しようとしています。このコンセプトには、同じ意見を持つ市民を相互につなげ、また、そうした市民を行政機関やその他の多様な組織につなげる効果があります。

米国では、オバマ前大統領が就任初日から、オープンで説明責任に優れた政府の実現に向けた取り組みを指示しましたが、これには参加・協働・透明を3原則とする施策によって市民の政策への関与を促す意図がありました。国家レベルの問題の解決について市民に支援を呼びかけることさえ行いました。その結果、例えば、市民科学者(シチズン・サイエンティスト)たちが地滑り/山崩れの追跡情報データを収集・集約するプラットフォームを開発し、地滑り/山崩れの予兆について警告を発する、という取り組みが生まれました。

当時の米国では、オープン・ガバメント構想の基盤を固め、透明・参加・協働という原則の価値を下支えするため、さまざまな連邦政府機関がデータのオープン化を進めました。つまり、誰もがアクセスできるように共有可能なフォーマットでデータを公開することに取り組んだのです。

このホワイトペーパーでは、米国での実例をもとに、行政によるオープンデータの活用の取り組みを紹介します。

目次

  • オープンデータ: 概要、入手先、重要性
  • APIとは何か?
  • SAS ソリューションの導入効果
  • オープンデータの活用例
  • オープンデータとアナリティクスで明るい未来を引き寄せる 

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top