SAS | The Power to Know
Blue radiance
Thumbnail for WP: Open Source and SAS
ホワイトペーパー

オープンソースの利用が広がる中、 SASが選択されている理由とは?

内容

市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか―――

これは、今話題のテーマです。どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最近実施した調査では、SASの企業向けアナリティクス・ソリューションとオープンソース・ソリューションとの最適なバランスを取ることで、組織内外の関係者の要求をどちらも満たせることに多くの企業が気付いていることを示しています。

それは、なぜでしょうか。SASは、経営課題と業務要件に対応する分析に最適化されており、さまざまなデータ管理機能などを統合しています。一方のオープンソースは、新しい分析アルゴリズムを迅速に市場に投入しています。つまり、両者には、それぞれに適した活用法があるのです。

では実際にどうすれば、これらのテクノロジーを共存させ、さまざまなビジネスシーンで活用できるのでしょうか。Hadoopを有効活用するために、どのようにこれらを連携させれば良いのでしょうか。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top