SAS | The Power to Know

ホワイトペーパー

属人化、突発対応、利益向上…
生産スケジューリングの3 大課題に挑むためのシステム化の観点とは

内容

顧客ニーズの多様化による製品の種類の増加や、新旧製品の入れ替え周期の短期化など、製造業を取り巻く環境は厳しさを増し続けています。そんななかで、生産スケジューリングの現場ではしばしば下記の3つの課題に頭を悩ませています。

  • 仕事が属人化してしまい、業務の引継ぎリスクが高い
  • 現場が常に突発トラブル対応に追われてしまう
  • 企業の「儲け」につながるスケジューリングができているか分からない

このホワイトペーパーでは、3つの課題に触れながら、どのように解決していくべきか解説します。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:開発課長
 
*
例:情報システム部

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SASについて

SASはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界80,000以上のサイト(国内で1,500社以上)の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

 

Back to Top