SAS | The Power to Know
Blue radiance
アナリティクスをすべてのユーザーに解き放つ
e-book

アナリティクスをすべてのユーザーに解き放つ

~SAS®とオープンソースのアナリティクスの利点の融合

 

このe-bookについて

企業や組織のアナリティクス環境をあらゆるタイプのプログラミング言語、あらゆるレベルのユーザーに開放するには、 どうすればよいのでしょうか?

また、取り組みが組織内のどこで開始されるかに関係なく、分析モデルとその結果を 踏まえた行動の一貫性を確保するには、どうすればよいのでしょう?

このe-bookでは、様々な業種の組織がオープンソース・アナリティクスとSASソリューションを併用し、 両方から最大限の価値を引き出している事例をいくつかご紹介しながら、アナリティクス・ライフサイクル全体におい SASソリューションが果たす役割を説明します。

<目次>

  • オープンソース・アナリティクスについて
     ~オープンな姿勢を維持することの重要性
  • モデリングの工業化が参加無料型
       ネットゲームの利益を拡大
  • オープンソース・アナリティクスに関する
       5つの疑問
  • アナリティクスの新世界で高まる
       オープンソースの機運
  • ビジネスのためのオープン化
  • すべてのユーザーのためのアナリティクス

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top