SAS | The Power to Know

ホワイトペーパー

材料開発時の研究期間を短縮、TOYO TIREのプロジェクトを支えるソリューション

内容

各種タイヤと自動車部品のメーカーであるTOYO TIREでは、技術開発に注力し、独自のゴム材料開発基盤技術を確立しました。最先端のシミュレーション技術や分析技術、外部施設も利用して解析を行い、ゴム材料のナノレベルでの構造を定性・定量評価しています。

こうした中、同社が新たなプロジェクトで目指したのが「レシピを入力し、それにより得られるゴム材料の物性を推定できるシステム」の構築です。材料開発時に結果を予測して研究を開始することで、研究期間の短縮を見込めます。またこのようなデジタル技術の構築を足掛かりに、ナノレベルの材料構造を示す分析データなどをAIに学習させて活用することも将来的に見据え、それらの実現を支えるソリューションを必要としていました。

幅広く調査・検討を重ねた結果、PoCで群を抜くパフォーマンスを発揮したソリューションを採用しました。対応スピードやコンサルタントのスキルなど、提供企業のビジネスパートナーとしての信頼性も高く、PoCの段階から一定の成果を得られました。

本資料では、同ソリューションにより同社が短期間で成果を得られた理由などを探ります。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:開発課長
 
*
例:情報システム部

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SASについて

SASはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界80,000以上のサイト(国内で1,500社以上)の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

 

Back to Top