SAS | The Power to Know
「リスク管理の高度化と精緻化 ~バーゼルレポートBCBS239/277の目指すもの~」をダウンロードする
資料ダウンロード

「リスク管理の高度化と精緻化
~バーゼルレポートBCBS239/277の目指すもの~

内容

1988年に初めて制定されたバーゼルIから25年が経ち、リスク管理はより質の追及を求められている。また、金融危機を防止する様々な取り組みにもかかわらず、依然として金融危機は発生している。
このような状況下、バーゼルは重要な国際銀行(G-SIB)および国内銀行(D-SIB、今後認定される見込み)が守るべき原則として「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」(BCBS239)を発表した。また、銀行の資本政策の行動規範として「健全な資本政策プロセス:重要な要素」(BCBS277)を発表し、銀行がストレス状態においてもより健全な資本を維持するためのガイドが発表された。
本資料では、この2つのレポートの概要と対応するために何をすれば良いのか、システムとしてどこまで対応可能なのかについて述べる。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top