SAS | The Power to Know
Blue radiance
モノの人工知能(AIoT)時代における自律型グリッド
ホワイトペーパー

モノの人工知能(AIoT)時代における自律型グリッド

内容

IoTデバイスのパワーを引き出すために高度なアナリティクスと人工知能(AI)を業務に実装する取り組みは、既に公益事業業界を変革しつつあります。
 
以前Zprymeは、公益事業業界が、モノのインターネット(IoT)を構成するネットワーク接続されたデバイス群との連携において、機械学習をどのように活用しているかを調査しました。

それ以降、AIはよりパワフルになっており、IoTデバイス群が収集されたデータを解釈するAIの能力は向上しています。
 
このレポートでは、リスク検知の精度向上から、需要家エンゲージメントの向上にいたるまで、公益事業者にとってのあらゆるメリットを実現するために、AIとIoTがどのように連携するかをご紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top