White SAS The Power to Know logo

AIが企業にもたらす可能性:
価値実現への道

SASによる調査レポート

現在、人工知能(AI)は注目のトピックであり、明るい未来を感じさせる用途や 実用性の高い用途が毎日のように登場しています。しかし、組織がその導入を積極的に計画しない限り、事業の主要な牽引力となることはありません。

このeBookでは、ヨーロッパ地域における幅広い業種の組織に所属する上級経営幹部に対するインタビューを通じて、AIに関する全社規模の準備度を検討します。

以下のような疑問を持つ方は、ぜひお読みください。

  • 近い将来のAIの可能性について、企業はどう考えているか?
  • ヨーロッパの企業は、それぞれの業種でAIにどう臨んでいるか?
  • 企業内でどんな活動を行っているか、また何が足りないと考えているか?
  • AIの導入にあたって、直面している問題は何か?
*
*
*
*
 
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 



SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top