SAS® プログラミング2:データ加工テクニック  (3日間)

お客様の声

178,200円(本体価格 165,000円)/チケット捺印数:3

受講対象

SASプログラマーやビジネス・アナリスト

前提知識

本コースの受講には、少なくとも6か月以上のSASプログラミング経験か、「SASプログラミング1:必須要素」コースの受講後少なくとも1か月のSAS使用経験が必要です。特に次のことが必要になります。


・SASプログラムのサブミット
・構文エラーの診断と修正
・SASデータセットのディスクリプタ部とデータ部の理解
・SASデータライブラリへのアクセス
・SASデータセットの読み込みと作成
・Excelスプレッドシートの読み込み
・区切文字付き生データファイルの読み込み
・生データファイルを読み込む際のデータエラーの確認
・SASプロシジャを使用したデータの検証
・無効なデータのクリーニング
・変数の作成
・SASデータセットの結合
・グローバルステートメントの使用
・ラベル、出力形式、ユーザー定義の出力形式の使用
・オブザベーションのサブセット
・FREQおよびMEANSプロシジャを使用した要約レポートの作成

学習内容

本コースは、SAS DATAステップやプロシジャを使用した、SASデータセットへのアクセス、変換、および要約などの、データ加工テクニックを学ぶ必要がある方向けです。

・SASデータセットの入出力の制御
・SASデータセットの結合
・さまざまな種類のデータの要約、読み込み、および書き込み
・DOループやSAS配列処理の実行
・文字、数値、日付変数の変換

本コースは、「SASプログラミング1:必須要素」コースの概念をもとに構成されていますので、SAS初心者ユーザーにはお勧めできません。
本コースは、SAS認定試験「SAS 認定プロフェッショナル Base Programmer for SAS 9」の準備にも適しています。

コンテンツ

■イントロダクション
・コース・ロジスティクス
・コースデータ・ファイルの作成
■入力と出力の制御
・オブザベーションの明示的な書き出し
・複数のSASデータセットへの書き出し
・変数とオブザベーションの選択
■データの集計
・累積合計変数の作成
・グループのデータの累積合計
■生データファイルの読み込み
・フォーマット入力による生データファイルの読み込み
・レコードがロードされた時の制御
■データ変換
・文字値の加工
・数値の加工
・変数タイプの変換
■デバッグ・テクニック
・PUTLOGステートメントの使用
■反復的なデータの処理
・DOループ処理
・条件付きDOループ処理
・SAS配列処理
・SAS配列の使用
■データセットの再構築
・DATAステップによる回転
■SASデータセットの結合
・マッチマージでのデータ加工テクニックの使用
■永久出力形式の作成と保守
・永久出力形式の作成
■その他のSAS®言語(自己学習)
・他の言語の概要
・SQLプロシジャの使用
・SASマクロ言語

対象プロダクト

Base SAS®

お客様の声

【業種】
銀行
【コメント】
SASプログラミング2は実務にそのまま役に立つ水準。翌営業日から早速使えそうです。
【業種】
政府・官公庁
【コメント】
演習形式による講義の進め方が良かった。丁寧に教えて頂き、ありがとうございました。
【業種】
ライフサイエンス
【コメント】
prog1と比べて、講義のスピードも速く、難易度が高かった。しかし復習をすれば十分にカバーはできると思うので、良かったと思う。重要な部分は時間をかけてよく説明して頂いたと思う。