SAS | The Power to Know
Blue radiance
公益事業におけるアナリティクス活用動向調査2017:ビジネス戦略に沿ったデータとアナリティクスの活用
ホワイトペーパー

公益事業におけるアナリティクス活用動向調査2017:ビジネス戦略に沿ったデータとアナリティクスの活用

内容

電力やガスなどをはじめとする今日の公益事業業界では、法規制、事業推進要因、リーダーシップ、市場動向が複雑に絡み合う中、分散型電源、需要家の事業者選択の自由、設備資産の最適化、産業IoT(産業用のモノのインターネット)などへの取り組みはパッチワークの様相を呈し、進捗にばらつきが生じています。これらの取り組みの投資対効果(ROI)を最大限に高める上では、アナリティクスの活用が重要なカギとなります。
こうした多様な事業環境におけるアナリティクス活用の準備状況と優先領域について理解を深めるため、SASは市場調査を実施しました。この調査では、公益事業を営む企業や組織(以下、「公益事業者」)がビジネス目標を達成するためにデータとアナリティクスをどのように活用しているかを調べ、問題点と傾向を探りました。主な調査結果は以下の通りです。

  • 公益事業者の組織内で、具体的な用途やビジネス戦略の選択および資金拠出について現時点で主要な権限を握っているのは、業務部門/事業部門である。
  • 公益事業者におけるアナリティク活用を成功に導くためには、IT 部門の存在が依然として重要である。
  • 最もよく利用されているアナリティクス・アプリケーションおよびソリューションは、需要家との関係/エンゲージメントの改善にフォーカスしたものや、エネルギー需要予測の改善にフォーカスしたものである。
  • オープンソース・テクノロジーは、公益事業者によるアナリティクスの導入方法に影響を与えつつある。

本ホワイトペーパーは、上記の傾向から見えてくる新たな課題について深く掘り下げた調査結果です。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top