SAS | The Power to Know
Blue radiance
明日のテレコム業界:アナリティクスによる通信サービス業の変革
ホワイトペーパー

明日のテレコム業界:
アナリティクスによる通信サービス業の変革

内容

テレコム業界では今、データ通信量が爆発的に増え続けており、9ヶ月毎に倍増しています。
同時に、ネットワークの規模と複雑さも増大の一途をたどっています。しかし、通信事業者の収益がそれと同じペースで伸びているわけではありません。

通信事業者は予算の50%以上をネットワークの拡大に投じていますが、キャパシティ・プランニングの意思決定にアナリティクスを活用している例はほとんど見られません。その理由の1つは情報の縦割り管理です。
顧客管理業務がネットワーク管理業務から切り離されているため、カスタマー・エクスペリエンスの実態を顧客別に詳細レベルで把握することができないのです。さまざまな調査や研究により、通信事業者が顧客を十分に把握できない状況は顧客離反に直結することが判明しています。通信事業者が少ない予算や労力で多くの成果を上げる方法を学ぶには、どうすればよいのでしょうか? その答えが高度なアナリティクスです。

本e-book では、通信事業者が自社の複雑なネットワークに関する意思決定を強化する上でアナリティクスがどのように役立つかを説明します。また、カスタマー・エクスペリエンスを改善するためにアナリティクスを活用している世界中のテレコム企業の中から、3つの事例をご紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top