SAS | The Power to Know
wp-thepowerofpersonalizingthecustomerexperience-ws1310
ホワイトペーパー

カスタマー・エクスペリエンスのパーソナライズがもたらすパワー
チャネル横断のリアルタイム・インタラクションで実現する適切なカスタマー・エクスペリエンス

内容

現代の消費者市場は非常に複雑化しています。オファー、広告、マーケティング・メッセージなどがあらゆる方向から送られてくるなか、大量の情報に感覚が麻痺し、押し潰されそうな気分になることも少なくありません。消費者の観点からすると、自分にとって有意義でタイムリーなメッセージだけを受け取るのが理想です。つまり、自分の過去の反応や購買行動はもちろん、将来の反応や購買行動も踏まえて最適化されたオファーだけを受け取りたいのです。こうしたオファーがどのチャネルを利用するかに関係なく一貫していることも当然のように期待します。

このため、今日の市場で競争力を維持するためにマーケティング部門が取り組まなければならない最大の課題は、オファーの内容と顧客からの反応の履歴をマーケティング活動にフィードバックし、収集したコンテキスト・データと組み合わせて将来の意思決定に活用できる業務環境を整えることであると言えます。

本ホワイトペーパーは、この課題を解決するためのSASソリューションについて解説します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top