SAS | The Power to Know
Blue radiance
行政機関におけるテキスト・アナリティクス
ホワイトペーパー

行政機関におけるテキスト・アナリティクス

内容

ほぼ全てのレベルの行政機関は今、民間の企業や組織が数年前から取り組んできたのと同じ課題に直面しています。それは、膨大な量のデータ、すなわち「ビッグデータ」をどのように収集・管理・利用すべきかという問題です。

ビッグデータをめぐる状況を複雑にしているのは、ほとんどの場合、企業や組織が抱えているデータの80% 以上は現場レポート、入力フォーム、論文要旨、メモ、コメント、電子メール、ソーシャルメディア、その他のソースに含まれる自由入力テキストなどの非構造化データであるという事実です。この傾向は行政機関において特に顕著です。なぜなら、行政の業務プロセスや問題解決活動の多くでは、非構造化テキストデータの収集と解釈が不可欠だからです。

新たな非構造化データがかつてないペースで生成されつつある中、ビッグデータがもたらす課題、そして機会は、今後も拡大する一方だと言えます。

このホワイトペーパーでは、米国行政機関の事例をもとに、自動化された分析機能によって非構造化データに埋もれた貴重な情報を有効活用する方法を解説します。

目次

  • 非構造化テキストデータ: 多大な価値が潜んでいるものの、大部分は未開拓の資産
  • 自動化されたテキスト・アナリティクス: 圧倒的なスピード、効率、品質で人間の視覚と直感を補完
  • SASソリューションの導入効果
  • SASのテキスト・アナリティクス機能: 実績豊富なテクノロジー
  • 仕組み
  • 事例紹介: 行政機関におけるテキスト分析の活用例
  • 小さく始め、大きく育てる

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top