SAS | The Power to Know
wp-socialmedia-ws1101
ホワイトペーパー

世の中は新たな方法で会話をしている――
ソーシャルメディアについて「話す」から「行動を起こす」へ

内容

「不満をもつ顧客は、その不満について10名に話す」、これが従来のマーケティングの考えでした。ところが、ソーシャルメディアが登場した新しい時代においては、だれもが何千万もの人に不満を伝えられるようになったのです。また、ブログ、Facebook、TwitterからLinkedIn、YouTubeにいたるまで、ソーシャルメディアの急激な成長により、企業は、世界中の何百万人もの顧客が毎日のようにやり取りする会話に参加できるようになりました。従来の考え方でマーケティングやブランド管理に取り組むことが難しくなったと同時に、企業が顧客について理解を深め、瞬時に顧客とつながりをもつ新たなチャンスが生まれたのです。

本ホワイトペーパーでは、Harvard Business Review Analytics Servicesが最近実施した調査結果をもとに、ソーシャルメディア分析の重要性について解説します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top