SAS | The Power to Know
Blue radiance
調達不正を検知・防止する方法
ホワイトペーパー

調達不正を検知・防止する方法

ハイブリッド型の分析アプローチを選択すべき理由

内容

調達プロセスの複雑さ、プロセスのどの段階でも不正が生じる可能性、 関与する担当者の多さ、取引数の膨大さ、といった要因の組み合わせ が、不正の検知を難しくしています。不正は、たとえ発覚する場合でも、 損失が発生してしまった後に監査人によって発見されるのが一般的 です。

もし、サードパーティのデータも含め、様々なシステムにまたがって点 を線で結び、疑わしい取引を素早くあぶり出せるとしたら、どうでしょ う? もし、データ管理を自動化することができ、その結果、不正調査担 当者は複数のソースからデータを探し出して照合調整する作業から 解放され、疑わしいケースの調査にもっと多くの時間を割けるように なるとしたら? あるいは、もし、よりフォワードルッキングな不正防止 手法が登場し、損失が生じる前に不正の兆候を発見できるようになる としたら?

これらは全て実現可能です。しかし、ここではまず、調達プロセスを 出し抜く多種多様な方法と、実に多くの不正が長期にわたり検知を免 れてきた理由を見ておきましょう。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top