SAS | The Power to Know
Blue radiance
SAS Customer Intelligence 360 Discover
資料ダウンロード

SAS Customer Intelligence 360 Discover
~顧客理解を促進するオンライン行動ログ解析ツール~

内容

顧客が商品やサービスを検討する際、企業との最初のタッチポイントとなる可能性が最も高いのはデジタルチャネルです。しかし、高度にパーソナライズされ、一貫性が担保された、画期的なカスタマー・エクスペリエンス(顧客体験)を創出することは、ますます難しい課題となっています。これには、クッキー(cookie)に関する法規制、ポップアップ広告ブロッカー、個人情報保護に対する意識の変化、新たな広告手法、いわゆる「レスポンシブ」なWebページデザインの必要性など、多くの要因が影響しています。その複雑さに拍車をかけているのが顧客の期待です。今日の顧客が企業に期待するのは、自分を理解してくれること、どのチャネルでも一貫した応対が受けられること、自分の期待どおりの有意義でパーソナライズされたオファーを提示してもらえることなのです。こうした期待に貴社は応えられるでしょうか?

顧客が貴社のチャネルでやり取りをする際、いつでも最小限の労力で必要な情報や欲しい商品を見つけ出せるようになるとしたら、いかがでしょうか?SAS Customer Intelligence 360なら、貴社のブランドを求める顧客が最も頻繁に利用しているデジタルチャネルから詳細な洞察を導き出し、最上のカスタマー・エクスペリエンスを実現することができます。

この資料は、SAS Customer Intelligence 360 Discoverについてご紹介しているオンラインセミナー資料です。
以下の内容について解説しています。

  • SAS Customer Intelligence 360 Discoverとは:単なるアクセス解析ツールではなく顧客理解を促進する強力な分析ツール
  • アーキテクチャ:大量のオンラインデータ収集からオフラインデータ統合までカバー
  • データ収集:共通タグで様々なデジタル行動データをリアルタイム取得
  • ルール定義:取得データやコンバージョンルールをカスタマイズし2次加工なしで分析に活用
  • データ変換:プリインストールされたETLジョブで「分析に活用しやすいデータモデル」へ自動変換
  • データ蓄積:オンラインデータをオフラインデータと簡単に紐付け
  • データ活用:オンラインデータ×オフラインデータによる顧客分析/セグメンテーションの高度化
  • 外部機関評価:SASは他社と並びデジタルマーケティング領域のリーダーに位置付け
  • 製品比較:他社製品との機能や課金体系の比較
  • 事例紹介:SAS Customer Intelligence 360 Discoverを導入した企業様の事例のご紹介

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top