SAS | The Power to Know
wp-newdataintegration-ws
ホワイトペーパー

ETLの進化形「データ統合」

内容

ビジネス・インテリジェンス(BI)を成功させる鍵は、抽出(Extract)、変換(Transformation)、ロード(Load)と呼ばれる、一連のデータ処理プロセスにあります。さまざまなソースからデータを抽出し、それらを変換してターゲット・データベースにロードするという処理を行なうための適切なツール選定は、BI プロジェクトの成功を左右するデータウェアハウスやデータマート構築の非常に重要な要素です。ETL は非常に重要なプロセスであるため、そのプロセス自体がツールを意味する言葉となったのです。また、そのテクノロジーは ETL テクノロジーとして知られるようになり、さまざまな ETL ツールが開発されてきました。

これまで、数多くの企業が、新しいデータソースにアクセスするためのツール選定に繰り返し取り組んできました。しかし、ツールの選択は部門単位で行なわれていたため、部門ごとに異なる ETL ツールが導入され、データの統合もされないという状況が生み出されてしまいました。

さらに、ハンドコーディングを超えるメリットをツールから見出すことができず、社内のプログラマー集団によるコーディングやメンテナンスにより、ETL を実践してきた企業もあります。複数のツールやカスタムコードを使用することの問題は、メンテナンスやトレーニングに要する費用、滅多に使用しないツールの再学習に費やされる時間など、TCO(総所有コスト)が著しく増大することにあります。さらに、複数ツールの並行使用は、メタデータの断片化を招く可能性があります。メタデータが断片化した場合、本来であれば自己文書化メタデータによって自動処理されるコンプライアンスの確保などに対して、骨の折れる厄介な作業が必要となってしまいます。

 

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top