SAS | The Power to Know
Making Meaningful Predictions in The Fast Lane
ホワイトペーパー

追い越し車線で何を分析するか

内容

コネクテッド・カーにおけるイベント・ストリーム・プロセッシングの役割―――

こんなシナリオを想像してみてください

  • 自動車で走っているときに、スクールゾーンに差し掛かると、自動車は自動的に制限速度である時速30km に減速し、子供がいる可能性があることを運転者に警告します。そしてスクールゾーンを過ぎると、運転者が操作しなくても自動車は加速して元の速度に戻ります。
  • 高速道路を走行中に、前を走っていた自動車がタイヤのパンクにより急に隣の車線にそれていきました。その自動車の近くにいた別の自動車が危険にさらされています。どちらの自動車も、衝突しそうな状況を察知し、自動的にブレーキをかけて衝突を回避しました。これにより高速道路は瞬く間に混雑し始めますが、後方の自動車は渋滞を避けるために、ほぼ瞬時にルート変更情報を受信します。

これらのシナリオは、イベント・ストリーム・プロセッシングとコネクテッド・カー・テクノロジーを活用することで近い将来に実現します。

自動車を始めとするあらゆる機械や機器には、今や数多くのセンサーが搭載されており、常にデータを生み出し続けています。これらのデータをリアルタイムに分析して必要なアクション導き出すことで、今まで想像もしなかったことが実現しつつあるのです。

本書は、次々に生まれるデータを瞬時に分析するイベント・ストリーム・プロセッシングに関する、米国の独立調査機関International Institute for Analytics (IIA)によるリサーチ・レポートです。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top