SAS | The Power to Know
大量の交通データや利用ポイントデータの高速な分析し、販促効果を最大化する検証・改善のサイクルを確立
ホワイトペーパー

大量の交通データや利用ポイントデータの高速な分析し、
販促効果を最大化する検証・改善のサイクルを確立

内容

京阪電気鉄道株式会社は、同社の交通利用データ、京阪グループ共通ポイントプログラムからのデータを統合・分析し、分析結果を販促活動における意思決定に役立てています。

同社はSASの分析システムを採用し、高速なデータ抽出・活用基盤の構築、ビジュアルな分析フロー画面の活用を通じて、誰もが短期間で効率的に分析を行える環境を実現しました。

結果、ダイレクトメールによる販促で20%を超える反応率を上げるなど、具体的な成果を出していることに加え、グループ内の業種と施設を連携させる施策やグループ内相互送客を促す施策の立案が可能になってきました。

本ホワイトペーパーでは、同社がSAS分析システムの活用を通じて、「仮説検証型マーケティング・サイクルへの転換」を図り、沿線のブランド価値向上やグループ全体の収益拡大を推進していく道のりをご紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top