SAS | The Power to Know
Blue radiance
Data and Analytics to Combat the Opioid Epidemic
ホワイトペーパー

Data and Analytics to Combat the Opioid Epidemic
データとアナリティクスの活用:オピオイド依存症に対する処方箋(英語)

内容

処方箋を必要とする鎮痛剤(多くは合成オピオイド)を誤って過量摂取または併用したことにより予期しない人生の結果をうむことになります。米国疾病管理予防センター(CDC)によると、薬物の過量摂取は米国における事故死の最大の原因とされ、2014年には47,055件の過量摂取死が発生しています。オピオイド中毒がこの依存症の主な要因であり、実に18,893件が処方箋を必要とする鎮痛薬を過量摂取したことによる関連死でした。ここで、SASのアナリティクスがどのように有効になるか、ホワイトペーパー「Data and Analytics to Combat the Opioid Epidemic(データとアナリティクスの活用:オピオイド依存症に対する処方箋)」にてご紹介します。

ポイント

  • オピオイド依存に歯止めをかけ、中毒症や関連死を減少させるには、医師、患者、医療政策の決定者、免許交付団体、製薬会社、調剤薬局といったすべての関係者が連携して、対策を進める必要があります。
  • しかし、関係者やデータソースが多岐にわたることから、既存の情報の多くは断片化しており、すぐにアクションにつなげることはできません。それどころか、対策や制度の改定、また医師と患者双方に改善を促すために必要な現状の把握さえできない状態です。
  • 良質なデータとアナリティクスを活用できれば、本来の疼痛に対する治療だけでなく、薬物依存が疑われる場合の是正についても優れた処方手順を開発することができます。
  • 大規模な病院、免許交付団体、公共の衛生機関には、医療機関を一定の指標にもとづいて評価し、研修を要する領域とその教育手法を判断するための機能が必要です。
  • アナリティクスを活用することで、先進的かつ予測可能な対策を導入することが可能になります。また、改善の取り組みにおいても想定外の結果・事態を回避することができます。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top