SAS | The Power to Know
アナリティクスで新たに公益事業の顧客価値を明らかにする方法
ホワイトペーパー

アナリティクスで新たに
公益事業の顧客価値を明らかにする方法

内容

規制された公益事業の歴史の中で初めて、最高マーケティング責任者(CMO)の役割が目に見えて重要になってきています。
それはなぜでしょうか? 収益につながる最速の方法のひとつは、需要家(顧客)によるものだからです。このことを念頭に置いて、効果的な顧客エンゲージメント戦略を設計・実行することは、現在、公益事業の多くのCEOの主な目的となっています。
カスタマー・エクスペリエンス(顧客体験価値)を再形成するために、公益事業社は、最初に自社の需要家を熟知する必要があります。そうすることで、顧客エンゲージメントの新たな方法を開発し、信頼されるエネルギーパートナーとして再定義されたプログラムやサービスを構築することができます。

このため、公益事業における顧客対応プロセスは、分析アプリケーションの最も注目されている分野のひとつとなっています- 競争市場において解約を削減する、もしくは、規制された市場で顧客満足度ランキングを上昇させるチャレンジをしているかどうかにかかわらず。しかし、公益事業は複雑なため、過去数十年にわたって、そのプロセスや技術に顧客エンゲージメントとアナリティクスを採用することが、想像するよりもより込み入った事情になっています。

本ホワイトペーパーでは、アナリティクスで公益事業の顧客価値を明らかにする方法を解説します。

<目次> 全7ページ/PDF

  • 信頼されるエネルギー供給会社になる
  • エネルギー供給会社はエネルギーマーケッターに
  • 公益事業の理想のマーケティングへのチャレンジ
  • Win-Winの需要家戦略の設計
  • 最適なマーケティング、最適なカスタマー・エクスペリエンス
  • 顧客満足度を探る
  • SASのCustomer Intelligenceソリューション
  • その他の情報

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top