SAS | The Power to Know
Blue radiance
コミュニケーション業界における不正対策
ホワイトペーパー

コミュニケーション業界における不正対策

内容

通信事業者は何十年にもわたり、「人々が相互につながり合う手段の提供」という中核サービスの品質を確保することに注力してきましたが、その一報で、最初の電話回線が開通して以降、サービスの不正利用やただ乗りを企てる悪質な利用者への対処に悩まされ続けてきました。

特に、全てがデジタル化されWeb経由で利用できるようになった現代では、不正行為も日々新たなレベルに進化しており、今日の通信事業者には不眠不休の警戒が求められています。不正行為の手口の悪質性と多様性は高まる一方であり、テレコム業界を狙う不正行為も組織化と高度化が進んでいることから、こうした新たな環境で不正行為を検知および阻止する目的に最適化されたツールや手法を活用することは、テレコム企業にとって、もはや必達要件と言えます。

アナリティクスは、以下のような点で通信事業者における不正対策に役立ちます。

  • アラートが誤検知かどうかの調査にかかる時間を減らすことで、効率を向上
  • 全てのデータを処理することで、より多くの疑わしい活動を特定
  • 集団詐欺ネットワークや犯罪集団を特定
  • 不正対策、マーケティング、財務/信用リスクなどの部門間のコラボレーションを強化

本ホワイトペーパーでは、通信事業者における不正対策に対して、アナリティクスが具体的にどのようにサポート出来るのかを紹介しています。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top