SAS | The Power to Know
wp-fraud-exeoverview-ws1003
ホワイトペーパー

Executive Overview:
不正や無駄、悪用、不適切な支払いとの闘い

内容

政府機関は不正や無駄、悪用に起因する不適切な支払いを回避するという非常に困難な課題に直面しています。ハリケーン・カトリーナとハリケーン・リタの例は氷山の一角です。9・11 同時多発テロ後の救援活動においても同様の問題が発生しました。フロリダ州で起きたハリケーンや他の災害でも同じことです。

2008年にGAOが発表した見積によると、78の行政サービスの実施において発生した不適切な支払いによる損失は政府全体で720億ドル(7兆2,000億円)に上り、前年比で230億ドル(2兆3,000億円)も増加しました。こうした損失は米国政府の財政と権威を失墜させるだけでなく、国民の財布と評判をも傷つけ、正当な受給資格者や将来の災害対策に使うべき資金を減らしてしまうことになります。

このような財政資金の悪用を下位レベルから取り締まり、完全に一掃することは可能なのでしょうか?SASの答えは「イエス」です。行政サービス関連の活動や会計データの記録をより深く検証すれば、政府資金の不正使用や無駄、悪用の大部分を見つけ出し、より効率的な資金回収や予防措置を取ることが可能です。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top