SAS | The Power to Know
Blue radiance
履歴データとリアルタイム・データを活用した高度なアナリティクスによる掘削の最適化
ホワイトペーパー

履歴データとリアルタイム・データを活用した高度なアナリティクスによる掘削の最適化

内容 :

掘削オペレーション、特に非在来型の深海および超深海での作業を伴う掘削オペレーションには、多くの場合、非常に多くの課題がつきまといます。それに加えて昨今は、新たな探査フロンティアの出現、リグ(掘削装置)のリース料金と運用コストの上昇、新たな規制政策の導入といった動向を受け、革新的なテクノロジーを求める声が強まっています。石油・ガス事業におけるオペレーター企業としてコスト管理とリスク軽減を追求していくためには、掘削効率を高め、掘削オペレーションの全てのフェーズを最適化できるテクノロジーが必要です。
本ホワイトペーパーでは、履歴データとリアルタイム・データを活用した高度なアナリティクスによる掘削の最適化について解説します。

目次 :

掘削効率の改善には高品質なデータが必須
掘削効率の改善をめぐる課題
得られた教訓:予測分析の適用
用途に適したアナリティクス・ソリューションの選択

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top