SAS | The Power to Know
Blue radiance
デジタル・マーケティング  ~アジャイル・マーケティングへの移行~
ホワイトペーパー

デジタル・ マーケティング
~アジャイル・マーケティングへの移行~

内容

デジタル時代に企業はどのように備えているでしょうか。放送や印刷されたカタログ類など、従来のチャネルの有効性やプレゼンスは低下してきており、消費者と企業の関係のダイナミズムも大きく変化しています。流行はもはや企業のマーケティング担当者がリードするのではなく、消費者の誰もがトレンドセッターたり得る時代を迎えています。

デジタル化が進行する市場において競争に打ち勝とうとするマーケティング担当者にとって、あふれる情報の洪水の中で自分達のメッセージを際立たせるのは非常に難しいことです。デジタルも含めた多様なチャネルが存在する中、ターゲット顧客やコンテンツ、プラットフォーム(伝達手段)等に関する戦略的な意思決定を行うことが重要になってきます。

本資料は、市場をいかに定義し、画期的なコンテンツを開発・制作し、メッセージを検討し、適切な手段・メディアで発信していくか・・といった点など、デジタル時代においてマーケティング活動を行う上での課題や機会について検証します。

目次

  • 顧客を中心としたマーケティングのランドスケープ
  • 高まるマーケティング・プラットフォームの役割
  • 「変化」への対応という新たな常識
  • 進化するマーケティングの手法
  • アジャイル・マーケティングがもたらす新たな手法
  • アジャイルな独自のデジタル戦略を確立する
     理解 / 反応 / 適応 / 測定 / 予測
  • 鍵を握るのは「コンテンツ」
  • デジタルがもたらす未来

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top