SAS | The Power to Know
Blue radiance
データ・ストーリーテリングの秘訣
ホワイトペーパー

データ・ストーリーテリングの秘訣

内容

コミュニケーションの成果は相手のアクションとして現れます。例えば、役員会議でのコンセンサスの形成、新たな業務プログラムの導入、商品の購入、あるいは動画の最後に表示されるリンクをクリックするなどです。では、そのアクションを生むために必要なものは何でしょうか。

人間の行動は脳の中でも感情をつかさどる部位で生まれ、論理をつかさどる部位が後からその意味付けを行うと言われます。アクションを生むコミュニケーションの秘訣は、意思決定の整合性や正当性を支えるのに必要なデータを伝えるとともに、そのデータの背景をストーリーとして語ることです。これは「データ・ストーリーテリング」と呼ばれており、ビジネスのテーブルでアクションを促すためによく使われている手法です。

この手法を正しく行うためには、対象者(Audience)とチャネル(Channel)、感情(Emotion)を正しく理解し、優れたストーリーを紡ぎだすことが重要となります。

このホワイトペーパーでは、データ・ストーリーテリングを行う上で役に立つ、7つの秘訣を紹介します。

目次

  • はじめに
  • 秘訣#1: 目的を明確にする
  • 秘訣#2: 明確なメッセージを創出する
  • 秘訣#3: 脈絡をつかみやすくする
  • 秘訣#4: 障壁を克服する
  • 秘訣#5: ビジュアルなストーリーテリングを活用する
  • 秘訣#6: 提供方法を設計する
  • 秘訣#7: 経験を重ねる
  • 結論 

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top