SAS | The Power to Know
wp-cyber-analytics-for-network-situational-awareness
ホワイトペーパー

ネットワーク状況認識のためのサイバー分析ソリューション

内容

サイバー戦争が今日勃発すれば米国は敗北するだろう。これは元国家情報長官の言葉ですが、米国政府は既にサイバー戦争に巻き込まれています。連邦政府へのサイバー攻撃は報告されたものだけでも、2006~2008会計年度の間に倍増しています。また、外国政府、テロリスト、犯罪組織、さらにはハッカーやインサイダーによる脅威や攻撃の傾向を見ると、発生数が急増しているだけでなく、手口の巧妙さや俊敏性も急激に高まっています。
その一方で、保護しなければならない政府データの量は、1日あたり数テラバイトのペースで増え続けています。

ところが、サイバー・セキュリティ担当者は、セキュリティに関連した数百あるいは数千ものシステム/デバイスから押し寄せる断片的で相関性が不明の膨大なデータに手をこまねいており、政府の分断されたITインフラでは、1つの政府機関のネットワークと関連デバイスについてさえ全体像を把握できないのが実情です。その結果、データの相関関係の特定、分析/警告機能の提供、状況認識の改善に役立つツールやプロセスに対する需要や要件が高まっているにもかかわらず、サイバー状況認識(およびそれを実現する分析ツールと分析機能)が不十分あるいは皆無という状況が生まれています・・・

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top