SAS | The Power to Know
Blue radiance
顧客中心型アプローチでオムニチャネル・リテイリングの成功を推進する
ホワイトペーパー

顧客中心型アプローチでオムニチャネル・リテイリングの成功を推進する

内容

本ホワイトペーパーでは、オムニチャネルへの取組みを検討する多くの小売業者に向けて、キーとなる5つポイント、特にコンテキストと顧客インサイトについて、リテール・システムズ・リサーチ(RSR:Retail Systems Research)とSASが共同開催したオンライン・セミナーから、そのエッセンスを紹介します。

目次

  • マーケティングの5つのC
  • コンテキストが最も重要
  • 顧客インサイトの大きな落とし穴
    インサイトは少な過ぎても、多過ぎてもよくない
  • セールスファネルは時代遅れの手法
  • まとめ

- 本文より抜粋 -

米大手小売業ターゲット(Target)の中西部店舗でのこと。
ある顧客がストア・マネジャーに対し、自分の十代の娘宛てにベビー服やベビーベッドのクーポンが送り付けられたことにクレームを付けました。

実は、娘は妊娠していたのです。そのことを父親は知りませんでしたが、ターゲット社は知っていたのでした。

ターゲット社の優秀すぎる分析者は、女性のベビー用品購買行動を分析した結果、約25の商品が購買客の「妊娠予測スコア」となることを見出しました。初めておむつがショッピング・カートに入れられるよりもはるか前に、購入される商品の種類にもとづいて出産予定を割り出すことが可能になったのです。

ターゲット社はこの一件でさまざまな批判を受けました。そしてターゲット社は、コンテキストがわからなければ顧客インサイトには価値がない、というマーケティングの「自明の理」にたどり着きました。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top