SAS | The Power to Know
wp-customer-centric-manufacturing-1503
ホワイトペーパー

時代の先を行く:顧客中心型の製造の素晴らしい新世界
オンラインセミナー「顧客について知識を深める(Getting to Know You)」から抜粋した洞察:
製造業者が顧客への知識を深めるための手法

内容

従来の製造業企業は、自社の製品を使用する消費者と距離を置いてきました。製造業者は、フォーカス・グループや製品調査によってある程度の顧客情報を収集していたものの、顧客とのリレーションシップを重視するのではなく、自社の製品を販売する小売業者やチャネルパートナーと緊密な関係を築くことを第一に考えていました。

しかし、今日、ビッグデータが「顧客中心型の製造の時代」を先導し、製造業者は大量データを最大限に活用する準備を迫られています。顧客中心型の製造の時代にあって、製造業者は、小売業者と同じように顧客のライフサイクル全体をとおしてデータを収集するようになるのです。

本ホワイト・ペーパーは、製造業が顧客中心型のマーケティングを実現する秘策をナイキプラス(Nike+)、アップル(Apple)、コカ ・ コーラ等の事例を交えながら学ぶことが出来ます。

<目次> 全11ページ/PDF

  • デジタルでつながる
  • 製造業者の成熟度
  • 成熟したマーケティング:精度を磨く
  • データを分析し顧客中心型のマーケティングを実現する
  • 製造業の顧客中心型のマーケティングを実現する
  • 消費者に直接アピールする方法へスムーズにシフト
  • ソーシャル・ネットワークをビジネスの観点から考える
  • より正確に顧客のセグメンテーションを行う
  • データを顧客の生活に関連づける

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top