SAS | The Power to Know
wp-comprehensive-stress-testing-1510
ホワイトペーパー

包括的なストレステスト

規制対応と経済性の観点からの重要性

内容

各銀行はストレステストを法規制遵守の一環として実施していますが、近年、それのみにとどまらず、財務計画から会計まで、銀行業務の全領域をカバーする最先端の経営管理ツールとして活用しようという動きが、銀行の経営幹部の間で強まりつつあり、銀行の経営管理全般にとって不可欠の要素となりつつあります。

銀行は、適切なデータとアナリティクスのソフトウェアを用いてストレステストを行うことで、業務環境の異なる条件(=シナリオ)をシミュレートして、それが自行の財務ポジションに及ぼす影響を理解することができます。

得られたインサイト(洞察)や確かな情報にもとづいて意思決定を行い、タイムリーに対策を講じることで、危機の中にあっても、金融機関としてのソルベンシー(支払能力)を保護することが可能になります。

本ホワイトペーパーでは、これを可能にするためには、銀行はストレステストのプロセスや手法を標準化し、データやシステムを一元的に管理する必要があると説いています。

全行規模のストレステストを成功に導くアプローチのポイント

  • 質の高い完全なデータで業務を遂行する
  • 部門別、および、全行規模の統制にストレステストを統合する
  • 継続的なプロセスと統一された手法を確立する
  • 自動化とハイパフォーマンス・テクノロジーを活用してタイムリーな意思決定を実現する
  • 全行規模の共通メタデータ構造を確立し、ストレステストのデータとプロセスを文書化する


SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top