SAS | The Power to Know
ビッグデータを活用した不正行為対策への取り組み
ホワイトペーパー

「ビッグデータを活用した不正行為対策への取り組み
~脱税、関税の脱税、金融商品不正取引、保険や社会保障の不正受給~

内容

インターネットの急速な普及やグローバル化に伴い、国の機関に対する不正行為も増加傾向にあり、日本でもこれらの不正行為は存在し、増加傾向にあります。 海外のある政府機関の調査によると、10%を超える税金の歳入が不正によって減少していると試算されており、社会保障の分野においても、支払いの数パーセント以上が不正な申請で支払が発生しています。 これらの不正行為は政府機関が蓄積しているデータを有効に活用することで回避することが可能になります。海外の不正検知のトレンドと、ネットワーク分析等最新の手法を用いて不正を早期、リアルタイムに検知するソリューションについて、先進事例を交えながらご説明します。

※このホワイトペーパーは、2014年9月5日に開催したセミナー「海外の公共機関先進事例に学ぶ、ビッグデータを活用した不正行為対策への取り組み ~脱税、関税の脱税、金融商品不正取引、保険や社会保障の不正受給~」を文章化したものです。項目は、「Tax」、「Social Security」、「Customs」、「Financial Service」の範囲から海外事例を満載に取り入れています。

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top