SAS | The Power to Know
Blue radiance
エネルギー供給分野のグローバル企業、SASのソリューションを活用し、品質を向上
ユーザー事例

エネルギー供給分野のグローバル企業、
SASのソリューションを活用し、品質を向上

内容

SAS® Predictive Asset Maintenanceを導入することで、問題の予測とシミュレーションに欠かせない高度な分析を実現

輸出事業を主力とする世界最大級の石油・ガス企業では、「信頼される原料ガス供給会社」というポジションの確立に向けた取り組みの一環として、生産工程における品質管理の強化を検討していました。生産性と品質に影響を及ぼしていたのは、主にグリコールの添加に伴う漏出、蒸発、混合物組成ですが、生産工程ではこうした問題の発生箇所の特定が難航していました。そこで、このグリコールに関する問題の発生箇所を特定して是正措置を施し、設備の完全性と信頼性を確保するために、SAS® Predictive Asset Maintenanceを導入しました。この結果、生産遅延の防止、コストの削減、新たな事業戦略の策定、HSE(安全衛生・環境)パフォーマンスの向上が実現しました。

この事例では、SASソリューションを通じて作業で生じる多くの工数と高い難易度を解決しその導入効果についてご紹介します。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top