SAS | The Power to Know
pov-advancedanalytics-insurance-1411
資料ダウンロード

Advanced Analytics
保険金詐欺との闘いにおけるもう1つの防衛線

内容

今日保険会社は、保険金詐欺に関与するグループ、および不正行為そのものの幅広さと多様性に加え、その調査過程においても様々な課題に直面しています。

  • 縦割りの業務部門/事業部門
  • データ品質の低さ
  • 次々に変化する手口
  • 限定的な調査範囲
  • 手作業による分析
  • 高い誤検知率

このような状況の下、2014年夏に欧州の保険会社を対象に実施された調査では、多くの保険会社においてシステムやアナリティクスの技術を用いた詐欺対策の成熟度が立ち遅れていることが明らかになりました。

不正検知の第1の防衛線は、あくまでも経験や専門知識が豊富な請求処理担当者ですが、それに加えて、今後はアナリティクスを第2の防衛線として活用することが重要になってきます。

ハイブリッド型のアナリティクス・アプローチによる不正検知は、第2の防衛線として機能し、個々の請求担当者レベルでは見抜くことができない疑わしい不正請求や不正請求ネットワークを自動的に洗い出すことができます。

このような高度なアナリティクスにもとづく手法は、不正検知に以下の2つの大きな利点をもたらします。
① より多くの不正を発見できる
② 誤検知率を低減できる

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top