SAS | The Power to Know
オムニチャネル時代における、次世代型データドリブン・マーケティングの実践
資料ダウンロード

オムニチャネル時代における、次世代型データドリブン・マーケティングの実践
~60社の導入事例から見えてくるステップと新潮流

内容

企業から消費者へのパワーシフトとともに顧客接点が多様化している現在、マーケティングにおけるデータの活用度合いや顧客インタラクションの巧拙が企業の競争優位性を左右すると言っても過言でない時代となりました。オムニチャネル時代のマーケティングの在り方として、チャネル分断・組織分断を排し、顧客中心主義の視点から全顧客接点で“顧客との距離を縮める”ことが求められています。

本セッションでは、これまで弊社がエンタープライズ・マーケティングプラットフォームとして導入を進めてきたSAS Customer Intelligenceの60社の導入事例から見えてくるデータドリブン・マーケティングの実践アプローチや組織、アナリティクスの活用、それらを支えるオムニチャネル・マーケティングの実現プラットフォームについて、先進事例を交えながらご紹介します。

(2015年7月22日 Digital Marketing Week セッション資料)

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top