SAS | The Power to Know
Blue radiance
企業のための人工知能導入ガイド
ホワイトペーパー

充電網整備をEVアナリティクスで推進

EV統合用のIoTインフラに対する 柔軟なアプローチの導入

内容

電力業界は今、電気自動車(Electric Vehicle: EV)が大規模に普及する近未来を再認識しつつあります。実際、あらゆる兆候は、EVがますます当たり前の存在となる将来を指し示しています。EVの年間電力需要は2035年までに400 TWhを超え、一世代のうちに生じる新たな需要成長の機会としては最大規模に及ぶ可能性があります。しかし、EVは送配電事業者に多大な課題を突き付けることが想定され、その傾向は、現時点で既にグリッド運用上の制約を抱えている地域では特に顕著と思われます。
このレポートでは、EV市場の将来を分析し、EVが生み出す多くの機会と無視できないレベルの脅威について詳しく検討します。また、EVインフラのデータ要件とアナリティクス要件も 取り上げ、EV戦略の策定を進めている電力事業者(電力事業を営む総合公益事業者も含む)に対する推奨事項を 提示します。

このレポートは、SASおよびIntelの委託を受けて米国Navigant Research社が制作したもので、EVの成長がもたらす機会とそれに備えるためのアナリティクス基盤についてまとめてあります。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top