SAS | The Power to Know
insuranceforum2014
資料ダウンロード

先進的アナリティクスを活用した不正対策による引受・支払業務の高度化

保険フォーラム2014 SAS講演資料ダウンロード

内容

保険不正とは、契約者または請求関係者が、過大請求や虚偽請求によって故意に保険会社から不当な利益を得ることを指します。SASの経験では、保険不正による被害総額は、多くの国で保険料全体の10%にまで及んでいます。保険不正は違法であり、一般の顧客に対する不平等を作り出し、保険料の増加につながっているため、言うまでもなく対処すべき問題です。しかし、不正の手口は多岐にわたり、その制御は難しいと考えられています。

さらに、今日の犯罪者は先進的な技法を積極的に取り入れ、より組織的で洗練された不正を仕掛けています。一方で、保険会社ではデータの部門間のサイロ化、統合的なユーザビューの欠落により、不正対策の導入が遅れる傾向にあります。

データの有機的な活用と先進的なアナリティクスの導入により、引受、請求での不正対策の効率を向上し、業務の高度化が実現します。本資料では、不正検知のためのアナリティクスの手法、および不正調査を支援するシステムのアプローチについて説明し、海外での成功事例を紹介しています。

1. 保険不正の世界的なトレンド
2. 不正の被害額
3. 不正検知・対応におけるデータ活用の課題と解決策
4. ハイブリッド・アナリティクス手法
5. 請求不正、申込不正への適用
6. 海外事例

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top