SAS | The Power to Know
Blue radiance
一般データ保護規則(GDPR)
ホワイトペーパー

一般データ保護規則(GDPR):概要とSAS® Data Managementの活用メリット

 

 

 

内容

クラウド・コンピューティングやモノのインターネット(IoT)といったテクノロジーの急速な発展を受け、プライバシーや個人データを保護する取り組みの重要性がより一層高まっています。

2018年5月発効の欧州連合(EU)の「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation - GDPR)」は、個人データ保護の徹底とその実施の証明を企業や組織に義務付ける規制であり、EU域内の消費者に関するデータを保管または処理する世界中の企業・組織に適用されます。この規制を遵守するためには、GDPRにおける個人データの定義をはじめ、組織内のどこに存在し、どのように利用し、誰がアクセスできるかなど、非常に多くの事項を把握する必要があります。

SASのデータ管理ソフトウェアおよびサービスは、データ保護ライフサイクルのあらゆるステージを一元的かつ効率的に統制・管理・遂行するために役立ちます。

目次

  • 個人データの定義
  • GDPR対応が大きな課題である理由
  • 準備度の判断
  • GDPRコンプラアンス体制の構築に役立つ5つのステップ
  • SAS: 信頼できるソフトウェア、統一されたアプローチ
  • 関連情報

SASプロファイルをお持ちの方 はオートコンプリート可能です サインイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
*

以下をお読みいただき、これに同意される方のみダウンロードください。

  • SASはここで登録された情報を個人情報保護方針にしたがって取り扱います。
  • ダウンロードされた方には今後SASより、製品やサービスに関する情報をEmailでお送りします。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top