SAS | The Power to Know
Backgrounds_84A0920
保険金不正と闘う、最新テクノロジーの活用と課題
White Paper

保険金不正と闘う、最新テクノロジーの活用と課題

~不正請求から引受・申込不正まで、保険金不正対策テクノロジーの活用に関する調査レポート

About this paper

保険金不正は保険会社にとっても、また、こうした犯罪に起因するコスト上昇を保険料で負担しなければならない消費者にとっても、重大な問題であり続けています。

今回の調査対象となった保険会社の過半数は、自社に対する不正が過去3 年間で増加したと回答しています。不正検知テクノロジーの活用は保険金請求、引受、その他の領域において増え続けています。ますます多くの保険会社が、不正対策戦略の重要な要素としてテクノロジー・システムの活用に踏み切ったり、活用の範囲の拡大に取り組んだりしています。今回の調査は、Coalition Against Insurance Fraud が2014 年と2012 年に実施した類似の調査に基づいて作成され、保険犯罪と闘うためにテクノロジーを導入している保険会社がどのように、どこまで、こうしたテクノロジーを活用しているか、その現状をより的確に理解することを目的としています。

この調査では、
●保険金不正が過去の調査時点からどのように変化を遂げたか
●テクノロジーの進化によって保険会社の保険犯罪対策がどれほど向上したか
を比較します。

ツール、人員配置、トレーニング、テクノロジーを適切に組み合わせて活用する保険会社こそが、今後も、請求対応処理コストの削減、より的確な価格設定、競争優位性、さらには、保険契約者本位の保険料引き下げを実現し続けることになるでしょう。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
 
 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。

登録された情報は SAS Privacy Statement にしたがって取り扱われます。

 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top