SAS | The Power to Know
Blue radiance
IoTに関する認識のギャップを埋めるためにITとOT
ホワイトペーパー

IoTに関する認識のギャップを埋めるために
ITとOT

IoTの実現に向けた情報テクノロジー(IT)部門と運用テクノロジー(OT)部門の関係

 

内容

IoT(モノのインターネット)は、デジタル時代の変革を支える中核的なテクノロジーとして急速に浸透しつつあります。

サプライチェーンから顧客に至るまで、全社規模であらゆる場所にセンサーを組み込み、情報を収集しより優れた洞察を獲得して、業務効率を改善している企業も少なくないのではないでしょうか。

只、どんな業務を進める上でも部門間の連携は重要です。IoT、それも産業向けに特化したIoT(IIoT)の導入には、情報テクノロジー(IT)部門と運用テクノロジー(OT)部門の連携が不可欠となります。

このレポートは、両部門の関係の実態や認識の違いについての理解を深めるため、IoTテクノロジーの設計、導入、活用を通じた新たな価値創出の観点から説明しています。

SASプロファイルをお持ちの方 フォームに登録データを使用 ログイン

*
*
*
*
 
*
例:情報システム部 開発課長
*
 

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

登録された情報は個人情報保護方針にしたがって取り扱われます。

 
  はい、今後SAS Institute Inc.およびその子会社より製品やサービスに関する情報をEmailで受け取ることを希望します。また、受け取ったEmailのopt-outリンクから、いつでもEmailの配信停止が可能なことも理解しました。
 
 

SAS Instituteについて

SAS Instituteはアナリティクスのリーディング・カンパニーとして、米国財務省をはじめとした行政機関、バンク・オブ・アメリカやみずほフィナンシャルグループなどの大手金融機関、その他さまざまな業種で、全世界83,000サイト(国内で1,500社)以上の顧客に最先端のアナリティクス製品およびサービスを提供しています。1985年に設立した日本法人SAS Institute Japan株式会社の主な国内導入実績もご覧ください。

Back to Top